艦これ 熊野 ss。 熊野「はぁ…鈴谷はいいですわね」

【艦これ】熊野「最近鈴谷がおかしいですわ…」

何もかに絶望し、とても暗い瞳。 提督、16時ですわ。 発売日の昼にさっさと本屋へ行けばおk。 改鈴谷型航空巡洋艦熊野、抜錨しますわ! 重巡熊野、推参いたします! 遠征選択時 よろしくてよ。 食堂かな?」 鈴谷「…そうだ!せっかく鎮守府ぜんぶ休みだし、提督と熊野でどっかいこう!うん。

Next

【艦これ】鈴谷熊野が目印のコンプティーク表紙公開きたああああ!

じゃ、いただきまーす」パクッ 鈴谷「いただきまーす」パクッ 提督「…うまい!流石鳳翔さんの料理だ!」パクパク 鈴谷「おいしいよね!それじゃ…あーん」 提督「おいおい、おんなじカレーだろ?」 鈴谷「いいじゃん!はい、あーん」 提督「しょうがねぇなあ…あーん」パクッ 鈴谷「どう?」 提督「うまいけど…同じだろ?」 鈴谷「むぅ、提督はわかってないね」 提督「そういうものか?…ほれ、あーん」 鈴谷「え?ああ…あーん」パクッ 提督「変らんだろ?」 鈴谷「…全然違うよ。 欲しいものがどう足掻いても手に入らないと分かった時のもどかしさをどう発散したらいいかと思ってな……」 長門「なるほど。 提督? わたくし「こんびに」とやらのサンドイッチ、初めていただきましたわ。 建造完了 あら、また新しい子を雇ったの? いいけれど。 85 ID:DopAoz310 熊野「…………」モクモク 鈴谷「大淀さんに漫画借りてからずっとこうで……」 提督「熊野ー?」 熊野「…………」モクモク 鈴谷「ご飯の時間まで多分何にも聞こえてないと思うから……なにか伝言する?」 提督「いや、いい。 俺はE-4ラスダンでくじけそうなときに癒してくれる -- 2018-10-04 木 21:42:14• 」 熊野「今からそのためにお金を貯めていらっしゃいますの!?わたくしたちの為に」 提督「あ、あぁ、まぁな…。 ケッコンした、出番多くて運用してる内に好きになったわ -- 2020-01-09 木 14:08:52• 彼は"この世界"にどんな影響を与えるのだろうか。

Next

熊野「はぁ…鈴谷はいいですわね」

…お前の場合、兄弟みたいな親しさがあったから…それで…」 鈴谷「…うっ…ああ…。 」 提督「俺は熊野が好きだ。 これは、もう……) 提督「お前…なんで………」 曙「はっ……あん…な…雑魚ども……よゆう……よ」 曙(あんたがいるこの場所を…あいつらに、荒らさせるわけにはいかない…じゃない…) 曙「それ…より……」 曙「せっか…く早く…帰ってきて…あげ…たのに……あんた……どこに……いるの……」 曙「声しか…きこえない…の」 憲兵(もう…目が…) 憲兵「俺はここだ」ギュッ 曙「…へ…へ……んたい……せく…はら…よ」 憲兵「構わない。 この前教えてもらった紅茶も淹れますからね」 熊野「それはますます楽しみですわね」 電「阿武隈さん、サンドイッチ持ってきたのです!」 島風「ふふーん、早いでしょ! ねっ、お姉ちゃん」 阿武隈「電ちゃん、島風ちゃん。 vip2ch. DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。

Next

奥様は艦娘! 艦これSS

熊野さんの口に合えばいいが」 熊野「ふふっ、阿武隈や磯風さんが作ったのなら心配なんてしませんわよ」 阿武隈「そう言ってくれると嬉しいですね。 帰投 艦隊が帰投いたしましたわ。 この前、ちゃんと淹れ方を教えてもらったのでは?」 霞「べ、別に良いじゃない」 風雲「阿武隈さんにちゃんと淹れられるところ見せたいだけでしょ」 霞「そんなことあるわけないじゃない!」ぷんすか! 阿武隈「もー、ケンカしないの」 響「……」じー 熊野「……響さん? サンドイッチ食べたいのかしら?」 暁「駄目よ響。 vip2ch. 同時に、俺の視界が世界が色を失っていく。 少し待っててくれ。 ますます素敵になったじゃないか」 熊野「もう、提督までからかわないでくださいな。 12時。

Next

奥様は艦娘! 艦これSS

提督「あぁ、疲れた。 鈴谷にもこのくらい女子力があればいいんだけどな!」 提督「んーと…ん?ああ、鈴谷のお土産選んでるんだよ。 人気艦早めに切ってくるなんてなんか勘ぐっちゃうなあ。 基本的な点はと同じなのでそちらを参照。 撫でてほしいとかいうのお前くらいだもんな。

Next

【熊野SS】提督「鈴谷と戯れつつ熊野とも仲を深める」鈴谷「……」熊野「……」【艦これ】

55口径20. 秋が深まってくると、何かもの悲しい気持ちになりますわ。 新しい熊野、ご覧に入れて差し上げますわ!」 阿武隈「あたしも期待してますね!」 熊野「阿武隈に期待されては、答えないわけにはいきませんわね」 暁「さすがレディーセブンの二人ね……言葉を交わす姿も素晴らしいわ」キラキラ 風雲「暁がものすごく輝いた目で、熊野さんと阿武隈さんを見ている……」 長波「いつものことだし、あんまり気にしても仕方ねーぞ?」 白露「空母だったら艦載機も飛ばせるんだよね! せっかくだし白露もてるてる坊主作ったよ! いっちばーん大きいの!」 熊野「あら、それは感謝致しますわ」 白露「ほら! 今だって執務室の窓に飾ってあるんだよ! 時雨や電と一緒に作ったんだから!」 熊野「そのてるてる坊主、頭が大きすぎて逆さまになってますわよ!」 白露「あっれー!? せっかく阿武隈さんに教わって作ったのに!? どうして!?」 時雨「もう、姉さんってば。 3cm連装砲 天龍「うお!? 今同じこと考えてセリフ見に来た -- 2020-01-25 土 11:29:34• こんなところ子供騙しよ」 曙「キャー——!!」 憲兵「じぇっとこーすたあああ!!」 曙「こ……こわくなん…て…」 曙「キャッ」ギュッ 憲兵「お化け屋敷good job!! じゃ、次あった時でもやってみようかな」 鈴谷「うん!それがいいと思うな」 提督「じゃ、疲れてるだろうし戻っていいぞ」 鈴谷「うん、そうするよ。 34 ID:k5BALlCjo 憲兵「って、なんで憲兵やねん!」 憲兵「そこは提督だろうがよおおお!!!」 憲兵「おれは夜戦がしたいんだ!!!」 妖精「提督は大変ですよ? それこそ常に命の危険g」 憲兵「諦めます」 妖精「はやっ!」 妖精「ま、まあいいでしょう。 1杯くらい良いんじゃないの? 響、お酒強いんでしょ?」 提督「し、しかし・・・」 長門「我が艦隊では、駆逐艦の言うことは絶対。

Next