梅雨明け 2020 長崎。 九州北部の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

近畿地方の定義は、 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県。 暑苦しい思いをされている方、購入を検討してみては?. 今までの秋田県の梅雨明けまとめ 予想の前にまずは過去の梅雨明け日を振り返りたいと思います。 jma. ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。 ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。 Contents• 九州は、昼頃まで晴れますが、次の気圧の谷の影響で次第に雲が広がるでしょう。 次に平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けがどれほど違うのか、2011年から2019年の記録で確認してみましょう。 平年同様の傾向が強いということを頭に入れつつ、 最新の情報は適宜気象庁など専門機関発表の情報を取得するようにしてください。

Next

九州北部の梅雨明け時期!2020年はいつ?

暦上では6月11日・12日に梅雨(入梅)に入りますが、住んでいる地域によって梅雨入りの日が異なります。 年 梅雨入り 1951年 7月19日ごろ 1952年 7月15日ごろ 1953年 7月20日ごろ 1954年 8月1日ごろ 1955年 7月10日ごろ 1956年 7月22日ごろ 1957年 7月29日ごろ 1958年 7月11日ごろ 1959年 7月21日ごろ 1960年 7月11日ごろ 1961年 7月10日ごろ 1962年 7月22日ごろ 1963年 7月13日ごろ 1964年 7月20日ごろ 1965年 7月24日ごろ 1966年 7月14日ごろ 1967年 7月16日ごろ 1968年 7月17日ごろ 1969年 7月15日ごろ 1970年 7月21日ごろ 1971年 7月27日ごろ 1972年 7月15日ごろ 1973年 7月6日ごろ 1974年 7月19日ごろ 1975年 7月18日ごろ 1976年 7月22日ごろ 1977年 7月20日ごろ 1978年 7月3日ごろ 1979年 7月25日ごろ 1980年 7月19日ごろ 1981年 7月14日ごろ 1982年 7月27日ごろ 1983年 7月23日ごろ 1984年 7月14日ごろ 1985年 7月15日ごろ 1986年 7月26日ごろ 1987年 7月26日ごろ 1988年 7月6日ごろ 1989年 7月19日ごろ 1990年 7月18日ごろ 1991年 7月19日ごろ 1992年 7月20日ごろ 1993年 - 1994年 7月1日ごろ 1995年 7月8日ごろ 1996年 7月13日ごろ 1997年 7月19日ごろ 1998年 8月3日ごろ 1999年 7月22日ごろ 2000年 7月17日ごろ 2001年 7月19日ごろ 2002年 7月21日ごろ 2003年 7月31日ごろ 2004年 7月11日ごろ 2005年 7月17日ごろ 2006年 7月26日ごろ 2007年 7月23日ごろ 2008年 7月6日ごろ 2009年 8月4日ごろ 2010年 7月17日ごろ 2011年 7月8日ごろ 2012年 7月23日ごろ 2013年 7月8日ごろ 2014年 7月20日ごろ 2015年 7月29日ごろ 2016年 7月18日ごろ 2017年 7月13日ごろ 2018年 7月9日ごろ 2019年 7月25日ごろ それではこれらのデータに基づいて2020年の九州北部の梅雨明け時期を予想します。 そのため、6月に「関東地方は6月10日に梅雨入りしたとみられます」と報道があっても、9月の再検討で「関東地方の梅雨入りは6月11日」となることもあるのです。 また、昨年 2019年 は7月24日 一昨年 2018年 は7月9日が梅雨明けだったので、 これらのデータを元にして考えると 2020年の九州南部の梅雨明け時期は 7月7日頃から7月21日頃の間になりそうですね。 比較的天気の良い日が続いてから、 比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。

Next

長崎県の梅雨入り・梅雨明け情報

気象庁では、気象予測をもとに行う梅雨の入り明けの速報とは別に、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行っています。 効果がでるまでしばらくかかるらしい。 よって、梅雨明け日も同様に、 平年と同様、過去の傾向と同じような時期になる可能性が高いと解釈いたします。 また、グラフを見てみると平均線が右肩上がりになっているため 梅雨明けの時期が遅くなっている傾向が確認できます。 家の中で自粛されている方• これらのことを考えると、 2020年の九州地方北部の梅雨明けの時期は7月15日から7月27日の間くらいになるのではと考えられます。 まずは九州地方南部の梅雨の期間のデータについて、1951年から2018年までの過去68年間の気象庁のデータをチェックしてみましょう。

Next

2020年の沖縄梅雨入り、梅雨明けはいつ?

8月に梅雨明けしたのは1957年と1954年の2回のみとなっているため、2020年は8月に梅雨明けすることもまずないでしょう。 全地域の一覧• 何よりも 人体に無害の天然成分ということが、簡単なだけでなく安心で気に入っています。 8月:高気圧に覆われますが、南からの湿った空気の影響を受ける時期もあるでしょう。 2:向こう3か月の降水量は、ほぼ平年並ですが、6月は前線や湿った空気の影 響を受けやすいため、平年並か多い見込みです。 2016. 1951年から2019年までの69年間の 梅雨明けの平年時期は7月19日頃。

Next

関東の梅雨入りや梅雨明けはいつ?2020年はどうなる?予想します!

平年の意味は? 天気予報で誰もが耳にしたことがあるのでは? 「平年並み」という言葉。 気温は平年並か高い見込みです。 西暦 梅雨入り 梅雨明け 2011年 5月27日頃 7月9日頃 2012年 6月9日頃 7月25日頃 2013年 6月10日頃 7月6日頃 2014年 6月5日頃 7月21日頃 2015年 6月3日頃 7月10日頃 2016年 6月5日頃 7月29日頃 2017年 6月7日頃 7月6日頃 2018年 6月6日頃 6月29日頃 2019年 6月7日頃 7月24日頃 平年値 6月8日頃 7月21日頃 このように平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けの間には、年によってばらつきがあるのがわかりますね。 寒い日が続いてると思ったら、いきなり 温かい日がやってきたり…。 でも、気象庁のデータは「関東甲信」地方となっています。 そして、最終的に9月に気象台の観測結果を再検討してその年の梅雨入り・梅雨明けを決め、記録として残します。 長崎県の梅雨明け日 平年 昨年(2019年) 移動平均 時期 7月19日ごろ 7月25日ごろ 7月18日ごろ 【2020最新】長崎県の梅雨明け予想!時期はいつごろ? 次に、福岡官区気象台より5月25日発表された九州北部地方の6~8月の天候の見通しの解説を確認したいと思います。

Next

九州の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

データ参照元: 梅雨明けしやすい時期の7月後半の解説を確認すると、 平年同様に晴れの日が多くなるようで、 平年と同様、つまり、過去の平均と同じような時期に 梅雨が明ける可能性が高いと解釈いたします。 九州地方(北部) 地方予報区である九州北部には、、、、、、、以上の6県が含まれます。 html この表をまとめると、 九州南部【2000年~2018年】 過去最速の九州南部の梅雨明けは「1955年6月24日ごろ」 過去最も遅かった九州南部の梅雨明けは「1957年8月8日ごろ」 過去最速の九州北部の梅雨明けが「1994年7月1日ごろ」 過去最も遅かった九州北部の梅雨明けが「2009年8月4日ごろ」 このようになっています。 また、グラフから僅かですが梅雨入り時期が年々早くなってきている事が見てとれます。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまでの移り変わりの期間がおおむね5日間程度ありますが、その5日間の真ん中の日を「梅雨入り日」としているのです。 その差、2ヶ月近くと大きな差がありますが、梅雨の期間が60日以上となったのは僅か7回しかないうえ、30日未満の年も5回とかなり頻度が少ないことを考えると、2020年の九州地方南部の梅雨の期間が60日を超えることも、30日未満となる可能性はかなり低いと考えられます。

Next

異例の長期間豪雨 ようやく出口見え始める 梅雨明けは(www.hoganscarpesportive.com)

月別の天候 【月別の天候】 6月: 期間の前半は、高気圧と低気圧が交互に通り、天気は数日の周期で変わるでしょう。 以前はレイコップを利用していましたが、毎日かけるのが面倒でした。 気温は平年並か高いでしょう。 さらに暖かくなってきた季節に先駆けて、 接触冷感素材のマスクも登場しました! しかも 洗濯もできるこのマスク、 3枚:1280円ですぐに買えるんです。 実は6月に梅雨明けしたのは、この一回のみとなっています。 2020年の九州南部の梅雨入り時期は? まず、2020年の九州南部の梅雨入りの時期ですが、 1951年から2019年までの過去69年間のデータで 最も早い梅雨入りは1956年の5月1日頃で、 最も遅い梅雨入りは1957年の6月21日頃でした。

Next

関西・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

気象庁(国土交通省)によると梅雨入りと梅雨明けの定め方は、この5日間の中日を示しており 梅雨が過ぎてから春から夏にかけて実際の天候経過を考慮して検討されています。 これらのことから、 2020年の九州地方南部の梅雨入りの時期は5月24日から6月7日の間になると予想されます。 雨が降りやすく、雷を伴って激しく降る所がありそうです。 さらに平年、昨年の時期をまとめると、以下となります。 そしてもうすぐ始まる6月。

Next