ボーガン 事件。 おとなり宝塚市でホーガン事件|ボーガン事件の詳細

20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

4日午前10時ごろ、兵庫県宝塚市安倉西の住宅で、女性3人、男性1人の親族4人がボーガンで撃たれ、警察はこの家に住む大学生野津英滉容疑者(23)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。 2020年6月4日、兵庫県宝塚市でボウガンで撃たれて女性2名が死亡という事件ががありました。 しかも、弟の頭には矢が2本刺さっていたという。 殺人容疑で逮捕された野津英滉容疑者(23)は、自宅で母、祖母、弟、伯母に向けて次々に矢を発射。 このことを機に友人との交友関係も疎遠となっていき今回の忌まわしい事件を引き起こす原因となったのかもしれません。 県警によると、近くの民家内で男女4人がボーガン(洋弓銃)で撃たれ、このうち70代と40代の女性2人、20代男性の親族計3人が死亡した。 これはいったい何としたことなのか? 室内至近距離なら致命的威力 まずボーガン(「ボウガン」というのは商標だそうなので、こちらの表記を使います)、あるいはクロスボウなどとも呼ばれるようですが、これの威力から検証してみましょう。

Next

宝塚ボーガン殺傷事件・死亡した『別居の母親』に容疑者が事件前に連絡 計画的犯行か

つまり所有するのはOKなんです。 。 近所からクレームが入っている感じだった」と話している。 弓の力を使って矢を射出するボーガン。 関係者によると、野津容疑者は宝塚市立中学から同県三田市の私立高校に進学。

Next

【兵庫】一家ボーガン殺傷事件 逮捕された容疑者、弟との確執や複雑な家庭環境│アングラ密報

長い矢のようなものが身体に刺さっていたようだ。 野津容疑者は昔から知っているが、道で会えば挨拶もするし、普通の若者と思っていた」 野津容疑者は神戸市内の大学に通っていたが、昨年9月に学費滞納で除籍処分となった。 現場では野津容疑者の祖母と母親、弟の3人が頭に矢が刺さった状態で見つかり、死亡しました。 悪い印象はないです。 23歳です。 高校に行ったことまでは聞いていたけど、それ以降はちょっと分からない」「何回も宝塚署の警察官が来ていた。 死亡したのは野津容疑者の弟・英志さん(22)と、祖母の好美さん(75)と母のマユミさん(47)。

Next

20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

唯一の生存者となった伯母が近隣住人に助けを求めたことで容疑者確保に繋がった」(捜査関係者) 伯母は矢が刺さった状態で自宅を飛び出して助けを求めたと報じられており、救急車を呼んだ近隣住人の証言によれば、片側の耳の下あたりから反対側の耳にかけて、50cm近い矢が首を貫通した状態だったという。 男性は「変なところで『切れる』こともあった。 凶器のボーガンは1階リビングで見つかり、長さは50センチ以上。 家族を殺すつもりだった」と4人を撃ったことを認めているということです。 電話で遅刻をとがめた後に2、3日無視されたことがある」と明かした。 犯行に使われた5本の矢は、いずれも長さが50センチ以上あったことが分かりました。

Next

宝塚ボーガン4人殺傷 野津容疑者が語った殺害動機は「家族への恨み」

ボーガンは1階のリビングで見つかった。 新しく入ってきた情報として、野津英滉 のづひであき 容疑者が2019年の末に学費未納を理由に大学から除籍処分を受けていたとの情報がありました。 引用元:. 英志さんの知人らによりますと、ここ数年、野津容疑者は母親のマユミさんや英志さんと関係が悪かったということです。 出典: 身内による犯行で、残念ながら亡くなってしまったのは、犯人の祖母の好美さん(75)、母親のマユミさん(47)、弟の英志さん(22)と判明しています。 物静かだが、腕っぷしは強い。 クロスボウ(ボウガン)は誰でも買えてしまう 業界の自主的な取り組みで、店頭では年齢確認や登録をすすめているようでうすが、さきほども書いた通り、残念ながら現時点では、クロスボウの所持には現在のところ法的な規制はなく、また、 インターネットでも販売されていて 実質的に誰でも買えてしまいます。 真面目に勉強に取り組もうものなら「あいつ変わってる」っていう世の中だから。

Next

死亡の弟「兄が嫌い」 ボーガン事件で知人が証言

流通しているもののほとんどはレジャー用ですが、殺傷能力が高いものもあり、協会は、「ボーガンの所有者は、事故や危害の防止に努める責任がある」と呼びかけています。 野津容疑者は中学生ごろにはやめていたが、英志さんは最近まで空手を続けていたという。 現場では少なくとも5本の矢が確認され、4人はいずれも首や頭に矢が刺さった状態だったということで、警察は、今後、容疑に殺人を加え、家族間でトラブルがなかったかなど、詳しいいきさつを調べることにしています。 これまでの取材で、警察が駆けつけたときの住宅の状況が分かってきました。 小中学校の登下校中はずっと1人で帰っていた気がする。 その2つが無事なら生存する可能性はある。 英志さんは頭に2本の矢が刺さっており、搬送先の病院で死亡した。

Next

ボーガンで家族3人射殺の動機は?野津容疑者のただならぬ殺意

宝塚市ボーガン事件 被害者 宝塚ボーガン事件とは2020年6月4日、兵庫県宝塚市の住宅でボーガンで頭などを撃たれ、4人が死傷した事件です。 クロスボウ(ボウガン)はどうみても武器では? アーチェリーがオリンピックの競技種目になっているのに対して、クロスボウの認知度はスポーツ競技として日本に浸透しているとは言えないことや、クロスボウには十分に殺傷力があること。 今回のケースでいえば、耳付近は頸動脈が分岐しているので、奇跡的に矢が脳幹や血管を逸れて貫通したものと考えられます。 4日午前10時15分ごろ、兵庫県宝塚市安倉西2の住宅街で「女性の耳に矢のようなものが刺さっている」と住民から119番通報があった。 4日午前10時15分頃、兵庫県宝塚市安倉西で、住民から「女性に矢が刺さっている」と119番があった。 死亡した2人のうち、野津容疑者の祖母とみられる70代の女性は、1階の居室に右半身を下にして、母親とみられる40代の女性は、台所とリビングを兼ねた部屋にあおむけになって、倒れていたということです。

Next

ボーガン事件の野津容疑者同級生「友達多かった」

どうやって、次々と3人を殺害、1人にけがを負わせたのか、謎だ」(同前) 祖母と母親は1階の居室で襲われ、ボーガンの矢が1本づつ頭部やクビに刺さっていたという。 野津容疑者は、除籍について警察から知らされるまで把握しておらず、警察に対し「そうですか、そしたら無職ですね」と答えたということです。 「頭部への一撃が致命傷になるのは、脳幹か大きな血管が損傷した時です。 そして最初は一緒に住んでいたとされる母親は途中で家を出て、現場から徒歩数分先にあるアパートに引っ越したという。 近隣住民とも笑顔であいさつを交わしていたというが「このところ住居の前に宝塚署のパトカーが止まることがあった。 クロスボウは日本でも愛好家も増えてきて非常に 楽しいスポーツグッズですが、所持・購入・使用について明確な規制がございません。 野津容疑者の小学校同級生はこう振り返る。

Next