進撃の巨人 考察。 【進撃の巨人】13話のタイトルを考察!!アッカーマンの伏線か!?

進撃の巨人98 話!最新話ネタバレ&感想!考察予想!

何故なら、『進撃の巨人』1話目時における、それぞれの巨人の動向や居場所を考えれば一目瞭然。 まるで「穴をほって、また埋める」ような終わりのない作業でして、 地獄ですね。 自由にある代償。 ただし 145代目フリッツ王は支配の現状を憂い、一部のエルディア人を引き連れてパラディ島に引きこもったのが107年前。 そうつまり私を殺せ?とミカサは戦闘態勢に入ります。

Next

進撃の巨人98 話!最新話ネタバレ&感想!考察予想!

それでもエレンの決意は変わりません。 エレンが刺青(ミカサ)の近くにいることで、寿命が延びる、もしくは寿命の制限が無くなるという考え方もアリです。 一方、主人公・エレン・イェーガーが父グリシャから「進撃の巨人」の能力を継承したのが、超大型巨人などが襲来した日。 。 ミカサの、リミッター解除された瞬間が、2巻の回想シーンで描かれていますが、「…思い出した…この光景は今までに…何度も…何度も見てきた…」「そうだ……この世界は…残酷なんだ」(『進撃の巨人』2巻から引用)。 このまま地鳴りが進めば世界滅亡ルートです。

Next

【122話】進撃の巨人最新話までのネタバレ考察【30巻(最新刊)】

ましてや、仮にそうだと考察してもエルヴィンたちは無事五体満足で生還できるはずがない。 だからこそ、親父に騙されているとか、いつか救い出してやる、といっていたわけですが、23巻現在でエレンは、ジークが兄弟であることを知りません。 その傾向は、さらにエレンというキャラクターへの関心へと向かっていきます。 エレンを騙すために、始祖ユミルに頼んで、「偽物の鎖」を作っていたようです。 ミカサたちがいるはずがない。 グリシャに洗脳されていたのではなく、洗脳していたエレン ジークはさんざん、エレンはジークに洗脳されている、と言っていました。

Next

進撃の巨人130話 世界連合全滅?進撃する地鳴らしとエレンの想い

無残にも立ち上がった巨人に踏み潰され破壊される艦隊。 そこにパラディ島の生活が始まった107年前を逆算すると1992年。 また、エレンが泣いていたのは、大切な人を失ったのを見たからだとも言えますが、そもそもこの作品には、「赤ん坊」が一切登場しないので、ある程度の年齢で再生するというループなのではないかと思いました。 クルーガーが何故かミカサやアルミンの名前を知っていた謎 そのためエレン・クルーガー説も釈然としない部分がある。 同じく巨人継承者は犠牲になる(*いや、巨人から解放される、か)。 条件を満たすと能力が開花する• 展開としてはエレンの子供とかになりそうですが、いったい誰になるのでしょうか?? 進撃の巨人122話にてこの伏線は回収されました。

Next

【進撃の巨人】1話目の伏線がヤバすぎたwww【徹底考察まとめ】

これがいったいなにを表しているのかと言うと、「 エレンが未来の記憶を継承しているのではないか??」と思っています。 が、その多くは、「誰に向けて言っているのか」が中心です。 特に、3話での「エレンは私と一緒にいないと早死にする」、そして88話でアルミンと寿命の話をするエレンに対しての、「違う これは…何かの間違い 間違ってる…」ですね。 ただ、残念ながら現状ではまだ判明しておりません。 エレンのこの発言の謎は深そうですね。 例えば始祖の巨人は、壁の中のフリッツ王。

Next

【進撃の巨人】未回収の伏線まとめ【2020年最新版】|マンガタリ

キヨミは南の都市オハティでも整備が可能だと提案し反イェーガー派はオハティを目指します。 まだ戦えないけどリヴァイは生きている、車力の巨人とマガトのマーレ残党と手を組んだとハンジは言い、エレンを止めるためで皆殺しはよくないとミカサどジャンに言います。 (進撃の巨人1話目 諫山創/講談社) 肝心の巨人の画像がこちら。 何故なら 「二千年後の君へ」という言葉は、明らかに「2000年前にいた人間の視点」で語られている発言だから。 説明した通りにと虐殺を止めたいとハンジは割って入るとマガトは正義に目覚めたのかと言うとジャンは反論します。

Next

【進撃の巨人】1話目の伏線がヤバすぎたwww【徹底考察まとめ】

つまり、西暦743年の時点で始祖の巨人が生まれてから1885年が経過しているということです。 少女の正体は不明ですが、 「土から体を作る」という異次元の能力をもっていることから巨人の始祖であるユミル・フリッツかなと思っています。 革命軍の家族が殺されるときの話でしょう。 するが、一方で、何か違う終わり方になるのではないか、とも思う。 悲惨な表情は「自分が死ぬこと・妻ともう会えない」ことを知ったからという意見も一理あります。

Next

【進撃の巨人】13話のタイトルを考察!!アッカーマンの伏線か!?

ありがとうと言うマガト、男の名前を聞き自身の名前を名乗ります。 人間の精神の最も暗い側面を描き出している。 こうやって見ると、昔描かれた伏線はけっこう回収されており、未回収の伏線は割と少ないですね。 まとめーこの物語のテーマは「心の統合」にあるのかもしれない 今回は、始祖ユミルの散らばった魂の統合で考えてみた。 つまり、始祖ユミルは罪悪感に囚われており、自分を殺すことで巨人を終わらせてほしい。 そしてライナーは再び、 パラディ島の地を踏むことに なりそうです。 13年が寿命と言われているので、残り4年ということに…。

Next