ストーリー 背景 おしゃれ。 誕生日を可愛く祝おう♡インスタのストーリーをおしゃれに加工するテク♩

Instagram(インスタグラム)で文字だけを投稿するのがお洒落!アプリやストーリーを使った加工方法を大紹介!

選択したら、これを画面の端に寄せていきます。 実際に、オリジナルに編集した状態がこちらです。 まず画像を選択し、その上からペイントの好きな色で塗りつぶしをします。 あとは、右上の「Aa」と書かれたテキストアイコンから、メッセージに残したいテキストを記入すれば完了です。 なので あえて文字画像にすることで目を引きますし、きちんと自分の文章を読んでもらうことができます! ここからはインスタに投稿する画像に文字を入れる方法について解説していきます。

Next

トレンド!インスタのストーリーで使えるおススメおしゃれでかわいい加工6選

いかがでしたでしょうか?昨日のお散歩動画から写真を切り取ってコラージュしてみました。 次に、自分がストーリーに乗せたい画像を、画像フォルダ内から選択し、編集画面の下にある、3色のアイコンから、「モノ」もしくは、少し暗めの色に設定して保存して下さい。 ポエムアカウントの投稿• この記事のINDEX• この文字画像を作るとき、どうやって作るのかも気になるところです。 の商標です。 『LINE Camera』で背景にスタンプをつける Phontoで文字入れが終わったら、最後にお好みでかわいいスタンプをアクセントにつけていきます。 悪くはないですが、ちょっとゴチャっとした印象ですよね……。

Next

インスタのストーリー機能をもっとおしゃれに!簡単かわいい3つの加工術

ストーリー作成画面になったら、初めに白い画像を選択します。 。 中には少し手間のかかるものもありますが、インスタのストーリーをおしゃれに着飾り、楽しみましょう。 こまでは私も知っていたのですが・・ 文字の背景色を半透明にできる! 冒頭でも書きましたが、この背景色は写真や動画の背景に色がたくさんあって文字が目立たないときに便利なのですがベタ塗り感が嫌でした。 文字画像ならキャプション代わりに使えるので良いアイディアです。 私は何も変えずにそのまま右の書き出しボタンをタップして保存しました。

Next

トレンド!インスタのストーリーで使えるおススメおしゃれでかわいい加工6選

Over 文字のフォントが豊富 逆にOverよりもフォントの種類が豊富で、細かい編集まで可能!より目を引く画像を作りた人におすすめです。 画像を配置したら、「Aa」をタップし、テキスト入力で「・」を黄色で入力します。 勉強アカウントの投稿• 一度ストーリーの作成を終了し、先ほど保存した、途中まで加工済みの画像を選択します。 点々を散りばめるだけでおしゃれになっちゃいます。 今度は、メッセージカードに乗せたい写真を選択して、メッセージカードの土台に重ねます。 テキスト背景 この方法を利用する際は、外部アプリを利用して、フォントを変更しておく必要があります。

Next

インスタのストーリー機能をもっとおしゃれに!簡単かわいい3つの加工術

文字と背景色だけでおしゃれなストーリーにしたい! 文字だけのストーリーを作ることもできます。 インスタのストーリー機能を攻略してどんどん自分のインスタのファンを作っていこう インスタを始めたてのころから投稿を一生懸命頑張って、ストーリー機能をないがしろにしてきたそこのあなた。 さらにいつものようにスタンプを入れたり、文字を入れたりして可愛くコラージュしてみましょう。 投稿することももちろんとても大切ですが、実際のインスタグラマーを見てみると、ストーリー昨日ににこそその人の人柄や世界観が表れているということも多いんです。 アイスの画像は背景のカラーをホワイトにしてから写真を2枚選択したかったので、1枚を普通に選択してから2枚目を 『スタンプ』を使って配置しました。 外枠の配置ができたら次に外枠のカラーや太さを 『色』や 『ストローク』から変更して、色味を整えていきます。 むしろテキストを入力しなくても、写真1枚から気軽に投稿できてしまいます。

Next

あの子のストーリーっておしゃれだよね♩実は簡単にできちゃう、ストーリーズの文字や背景色を変える方法!

先ほど保存した画像を表示したら、上のスタンプから、白黒のスタンプを探します。 今回は、ストーリーズの文字や背景色を変える方法をご紹介します! とっても簡単、文字背景をつける方法 文字に背景をつけて、目立たせたい時は、画面左上にあるボタンをタップすると、 文字に背景をつけられます。 面白そう。 の商標または登録商標です。 この記事のINDEX• カバーの背景画像を作る まずは土台となる背景の画像から作りましょう。 何も設定していない状態では、過去の投稿がそのまま表示されています。 『Inshot』を使って画像のベースを作っていく 今回は画像の透過加工がないので、初めから 『Inshot』を使って下地を作っていきます。

Next