怖い話 長編 まとめ。 長編

怖い話<実話・怪談・短編・長編・不思議・猫他>|人から聞いた怖い話

一時二十分。 何だ何だ?と廊下に出てきた男三人も意味不明な光景に唖然。 41位 ヒサルキ 子供達だけが知っている存在「ヒサルキ」に関した話。 金縛り。 120話以上あり、伏線や関連人物も出てくるので、かなり読み応えがあります。 宿の隣には人気のない建物があり、彼らは退屈しのぎに探索してみることにする。

Next

【厳選】怖い話【長編】

』 「数日後の未来から、をしてきた」と言うスレ主の予言が、実際に次々と的中していく。 垂れた舌は地面を舐める。 257• 私はキャンバスに想いを塗り籠めるようにしながら、あちら側へ戻ることを切望した。 しかし、僕はその時Kの話に違和感を覚えた。 私はここにいるだけで異質なのだ。

Next

長編の面白い話、笑える話のまとめ【全部実話の超絶エピソード集】

いつもは母と一緒に行くんですが、その夏は初めて子供だけで新幹線に乗ったということもあり、よく覚えています。 さっきの女の手だ。 「なんで、お前は歳をとっとらんとや」 その一言が、帰って来てしまった私への本音を物語っていた。 (これが一番、 安全だと思ったんだ。 「ちょっとお客さん! どこから入ったんですか! もうとっくに閉まっているんですよ!」 どうやら駅員らしいので、私は事情を説明しようとしたが、 口からこぼれたのは言葉とはほど遠い呻き声のようなものだった。 とても危険です。 やがて少し開けた場所に出たのですが、そこは集落の入り口などではなく、幾つかの墓が並んだ古い墓地でした。

Next

長編

私は死んだのか? そう思い、胸に手を当てる。 遠くであの太鼓の音が聞こえたような気がした。 そして、祟り神以外の恐ろしい「何か」の存在を知らされるのだった。 208• 真ん中のベッドには【ねじりお】、その隣のベッドには【ねじりこ】と書かれていた。 ストーリーも面白いので、読んでいない方は必見! 漫画にもなってます! 2. ここが問題のスポットだ。

Next

『モッケ』|洒落怖名作まとめ【長編】

駅員室を出て、無人の改札を通り過ぎる。 かろうじて首だけは動かせたので、横を向くと、背後が視界に入った。 その瞬間、私の目の前は真っ暗になり、そうして意識が遠のいていった。 」 急いで、部屋の窓の鍵を閉めようとカーテンを開けると 玄関に居た筈の男が、窓の前に立っていたんだ。 Kはせわしなく周りを見回している。 提灯の明かり。

Next

【2ch怖話】暇つぶしに最適!!おすすめ長編オカルトシリーズ13選

「子供部屋の窓から見える、庭の天使の像にブランケットをかけて隠してもいいですか?とても気味が悪いので…」 電話口の父親はしばらく沈黙した後に、こう告げた。 しかし、酷く現実感がない。 二階で何か出てきたって階段降りてすぐそこが出口だぜ?しかもまだ昼間だぞ?」 AB両人はどうしても二階を見たいらしく、引け腰の私達三人を急かします。 最期に、父が私を恨めしそうに見ながら告げた。 「……ああやって、首を吊ったんだとよ」 隣を見ると、Kは笑っていたが、無理をしている笑いだと一目で分かる。 悪ガキだった兄達はその注連縄を越えて、山へと入りました。

Next