平塚 八兵衛。 刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史 キャスト あらすじ

「平塚八兵衛」に関するQ&A

平塚八兵衛、1979年10月30日、膵臓癌にて没、享年66歳。 よつて上司と衝突したり、圧力をかけられたりは日常茶飯事だつたとか。 『三億円強奪事件 ホシを追いつづけた七年間の捜査メモ』()• - 後に冤罪とされた。 著書 [編集 ] 平塚は1975年の退職後に、三億円事件に関する本を執筆した。 その語り口は、がらつぱちながらも、自らの足で捜査したといふ自負からか、独断に陥らぬやうにとの慎重さも窺はれます。 ソフト化はされていない。 手間はかかるかもしれません。

Next

平塚八兵衛とは

よくTVドラマの刑事物で、容疑者を脅したり、宥めたりして自白させる姿、 あれは、八兵衛そのものである。 吉展ちゃん事件は両紙とも大きく取り上げたが、・は毎日新聞は短く掲載した。 その後事件のコメンテーターとして、テレビや映画『』(1975年 東映)に出演した。 本の語り口はインタビューということもあり、話してくれるテンポで どんどんと進んでいきます。 予想外の捜査長期化に慌てた警視庁が、他の事件を担当していた切り札・八兵衛さんを投入したのです。 fc2. その努力が実り、 検挙率もトップで、絶対数も異例だった。 逮捕した被疑者は極刑に処せられた者も多かったが、結局、帝銀事件の死刑囚であるより先に鬼籍に入った。

Next

ギャラクシー賞受賞の名作、渡辺謙『刑事一代』が甦る!緊迫の取調室シーン

喧嘩では大人の喧嘩ですら話し合いで説得させるような子供で昔から話術に長けていたり、正義感の強い子供で曲がった事は嫌いだった。 「帝銀事件」「下山事件」「吉展ちゃん事件」「三億円事件」など、戦後の大事件を担当した実在の凄腕刑事・平塚八兵衛を渡辺謙さんが演じます。 そして、戦時中からの刑事と言うことは、敗戦後の法律の変化をしっかりと身につけてはいない。 エピソード [ ]• 話数 タイトル サブタイトル 掲載号 月日 第1話 三億円事件発生の1 3億円事件発生す!! 八兵衛の師匠的人物でよき理解者。 近年は何かと人権問題が五月蝿いですが、「被害者の人権はどうなる!」と、八兵衛流を貫きます。 4号 1月19日号 第3話 マコトちゃん事件の3 別件逮捕 5・6号 1月26日号 2月2日号 第4話 マコトちゃん事件の4 八兵衛乗り出す 7号 2月9日号 第5話 マコトちゃん事件の5 ジカアタリ 8号 2月16日号 第6話 マコトちゃん事件の6 崩れゆくアリバイ 9号 2月23日号 第7話 マコトちゃん事件の7 ヤツはクロい 10号 3月1日号 第8話 マコトちゃん事件の8 ゆさぶり尋問 11号 3月8日号 第9話 マコトちゃん事件の9 時間ぎれ八兵衛 12号 3月15日号 第10話 マコトちゃん事件の10 ケンカ八兵衛 13号 3月22日号 第11話 マコトちゃん事件の11 オトシの八兵衛 14号 3月29日号 第12話 マコトちゃん事件の12 この世に生きて 15号 4月5日号 平塚八兵衛を演じた俳優 [編集 ]• 今まで事件としては知っていたのですが、そこまで興味がなかったのに この本を読んで俄然興味を引いたのが 「カクタホテル殺人事件」です。 モデルは、実際に吉展ちゃん事件で八兵衛と捜査にあたった石井慶治巡査部長である。

Next

平塚八兵衛とは

自分の持論を徹頭徹尾曲げない信条から、度々周囲の刑事と衝突するが、上役の加山や尾藤らにもその腕を認められる。 松下栄子(扇子問屋の主人):• 白瀬太一(運送会社社長):• 「刑事という仕事はゼニカネじゃねえ」• だから生誕103周年にあたる。 代表的な事件を挙げると、 「小平事件」、 「片岡仁左衛門一家殺人事件」 、「帝銀事件」 、「下山事件」、 「BOACスチュワーデス殺人事件」、 「吉展ちゃん誘拐殺人事件」、「カクタホテル殺人事件」 、 「三億円事件」等であろう。 エピソード [編集 ]• 証人の名前は本名のまま掲載してある。 「刑事がホシ(犯人)ではなく、肩のホシ()を追うようになったらおしまいだ」• 縮小された捜査本部に呼ばれた八兵衛(渡辺謙)と石崎(高橋克実)は、 小原保(萩原聖人)の完璧すぎるアリバイを崩し、自白に追い込めるのか!? 石崎(高橋克実)とともに、縮小された捜査本部に呼ばれた八兵衛は、容疑者リストに載っていた一人の男・小原保(萩原聖人)に注目する。 そこで小原保は「おじちゃんが直してあげようか」と声をかけていたのでした。

Next

渡辺謙主演ドラマ「刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史」再編集版を今夜放送(コメントあり)

鈴木敏子(借家の大家):• しかし、自白に追い込まなければ事件は解決しないと闘志を燃やす八兵衛。 小原房子(保の兄嫁):• なかでも八兵衛さんが「落としの八兵衛」といわれる象徴的な事件が、吉展(よしのぶ)ちゃん事件でした。 しかも3月27日から4月2日まで小原保は福島の実家にいたというアリバイがありました。 捜査一課の草間刑事(山本耕史)も加わり、小原の取調べが始まったが、のらりくらりと追及をかわされながら時は過ぎていく一方で…。 第1夜は『』扱いはされず。

Next

吉展ちゃん誘拐殺人事件!犯人・小原保の生い立ちから死刑まで

けえってくれ」とそっけなく、外から背中が見えているのに「今日は留守だよ」と追い帰された記者もいたそうです。 ま、捜査の神様の言葉は重く、捜査の邪魔をしたとは言えるか・・・。 2年の間に何度か捜査線上に浮かんだが、足が悪かったことアリバイがあったことから決め手にはいたらなかった。 平塚はまた、退職までに警視総監賞を94回受賞したのをはじめとして、帝銀事件でを、吉展ちゃん誘拐殺人事件でをそれぞれ受章している。 平塚は貧しい家庭ながらも家族を大切にする子供で、農作業も進んで行っていた。 結果、八兵衛さんが「最後の切り札」として招集されたのが、事件発生後四か月も経つてからのこと。 今村幸助(石川警察署巡査・駐在):• 巡査に始まり、最終的に警視にまで上り詰めますが、そのすべてが無試験での昇進といふ、異例中の異例の経歴を持つ刑事さんでした。

Next

平塚 八兵衛(ヒラツカ ハチベエ)とは

森川八重子: 剛三の妻。 その中でも特に平塚の名を高めたものとしては、犯人にを奪取された後に犯人の声をメディアに大々的に報道されて国民的関心事となる中で迷宮入り寸前になり戦後最大の誘拐事件と言われたにおいて、犯人ののアリバイを崩して自供に至らせた粘り強い取り調べがある。 逮捕した被疑者は極刑に処せられた者も多かったが、結局、帝銀事件の死刑囚であるより先に鬼籍に入った。 捜査に執念を燃やす男の生き様を骨太に描く特別版として新たによみがえる。 平塚に対する現在の評価は賛否両論相半ば、という感じだろうか。

Next

渡辺謙主演ドラマ「刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史」再編集版を今夜放送(コメントあり)

退職後、平塚が逮捕した犯人で死刑となった者たちの墓参りに行ったが、このうちの犯人である小原保の墓参りに行った際、小原が先祖代々の墓に入れてもらえず、横に小さな盛り土がされただけの所に葬られていた事に愕然とし、盛り土に触れた後に泣き崩れた。 役者と演出と・・・凄いシーンとなりました。 何と当初は鑑定に回してゐなかつたとか。 そうしたことから警視庁捜査一課は誘拐の可能性があるとして捜査本部を設置しました。 また、三億円事件に関しても、一般で語られること以外が述べられており、改めて興味を抱いた。 小原保は実家には行かず「29日に知人の家の土蔵の鍵を壊して、凍み餅を食べた」と証言していましたが、実はこの年は米が不作で凍み餅は作らなかったということも判明しました。

Next