グラブル 土 マグナ ハイランダー。 【グラブルQ&A】土マグナvs土ハイランダー[No250083]【グランブルーファンタジー】

【中期戦向け】土マグナハイランダー編成のすすめ【ライジングフォース】

しかしフェイトエピソードで 主人公らが倒したのでその洗脳は解けた。 今回の編成ですと奥義1回につき 約500万ほどのダメージが出ます。 ちなみに、ここで サラーサを入れている理由がありまして… 『グラゼロでほぼ瀕死状態』なので、 サラーサのダメージ差で 『渾身依存度』 をチェックできると思って編成していました。 残るは共闘素材の裁考の水晶92個と割れたティーカップ34個と金剛晶ぐらいで 後はアーカルムの汎用素材ばっかりか。 キャバルリーの実装で渾身がつくのも美味しい。 マグナ おやぁ?予想とは違う結果があるんですが・・・?なぜか、 『通常攻撃上限はマグナの方が高い』という結果になりました。

Next

【土古戦場編成準備】マグナ編成完成までの道のりとマグナ2武器の最大本数考察、ゴブロ斧3本の両面編成が主流だがフルオート編成には不安も

文章から、 『ダマと金剛返せ』 という思いが伝わってきます。 会心効果とダメージ上限の相乗効果でとんでもないダメージがでます。 なので片方を属性現状最強のゴッドガードブローディアをチョイス! オメガ終末に奥義ダメージ上限と通常攻撃上限が付いています。 マグナ編成なのに方陣武器が4本はあり得ないです。 ゆぐ剣も5凸を作れとは言わないが、4凸はなんだかんだで無駄にはならないはず。

Next

【グラブル】土有利古戦場EX+2100万編成 ティタ&マグナ検証

クリスマスナルメアやハロウィンゼタラガなど追撃が優秀なキャラで比較するとさらに大きなダメージの違いが見られます。 また、最低でも永遠拒絶の5凸+渾身付与はしたいところです。 右: ゆぐゆぐ。 フェイトエピソードを読みましたが・・・ もう辛いよね。 永遠拒絶を5凸して装備バランスを見直してもティターンには全く追いつけないですね。 支配の天秤+カイムハイランダー編成 こちらはまだマグナ編成ですが土属性にてカイム逆位置でのハイランダー編成と支配の天秤を重ねたものがどうなのか試し打ち。 ただし古戦場HELLのような防御倍率の高い敵に対しては全く意味がないです。

Next

【グラブル】 カイム逆位置考察 マグナ編成でも行けるっぽい・・・?

さて、訂正後はどうでしょう。 十分と言えば十分ですが、 マグナと比べると1万前後くらい下がります。 楽器得意か杖得意であれば「虚空の拝腕」の効果が乗ります。 メンバーと召喚石は全く一緒で 装備の方を変えてみました。 未所持ですが。 これは、 『マッチョ』の方は『耐久力』で優っているという証拠ではないでしょうか!?そうですよ。 まとまらないよ! ということで次回はもっと半額期間想定で、その他の武器とマルチ連戦の立ち回りなど中心に考察していく予定。

Next

【グラブル】土有利古戦場EX+2100万編成 ティタ&マグナ検証

この後出てくるメッサーに比べれば全然有能。 タワーは作成すらしてないので完全に最初から同じ工程をもう1度ですwwww 辛みしかない(白目) 追記 クリスマスナルメアお姉ちゃんをお迎えしました!! 6周年アニバチケで速攻取りました^^ 追撃8割を活かして初手から 初手1000万超えのダメージや!!!! これにはワイも大満足^^ ダメージがすけべ過ぎるよぉ・・・. まぁさすがにゴルムン108個まで貯めたのに シェロチケスルーしてリミ武器を強化するのはなんだかなーと思うのよ。 クリティカル率や連撃率を加味した、 『ダメージ期待値』的なものは・・・ ご覧いただいた皆さんの判断で。 アラナン1アビの強さ ちなみに防御値15想定(トライアルミストのみ)でもアニラ3・シヴァ2・アラナン1を全て使えば上限?まで到達できました。 無課金片面ハデスハイランダー編成 続いてハデス編成以降予定の闇属性。 そして ザ・ハングドマンとの戦闘!! いつもの昏睡からのオラオラで余裕の勝利^^ 途中暗闇、攻撃ダウンとかやってきた記憶があるが全然怖くない。

Next

ついに賢者カイム君が来てくたので土ハイランダー編成をやってみた!!

カイムも必須なので玉髄などの消費もあり、これだけの消費量になると他属性である程度の神石編成もできるくらいなので、ちょっと厳しいですね…。 カイム君はあまりにも賢く天才過ぎたせいで 肉親に怖がられて捨てられたけど、 捨てられた後に生まれた子は普通の子供で 天才でもなく賢くもないけど 親と仲良く意思疎通も取れて家族団欒の素敵な家庭になっているのが 本当にキツイ。 訂正前原文ママ。 ただし現時点での質問者さんの装備では無理です。 AT中は基本的に奥義ブッパ勝負になりがちなので数をこなすのも大事。

Next